上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトウェア・アップデート

MacBookAirのアップデートです。

SMC ファームウェア・アップデートによって、修理で交換される最新のバッテリーとの互換性が追加されます。


詳細は以下から。

SMC (System Management Controller)とは


今回アップデートされるSMCとは

SMC (System Management Controller) は、コンピュータのロジックボードに搭載されている集積回路 (コンピュータチップ) で、名前からもわかるように、パワーマネージャはコンピュータのパワーマネージメントを担当します。バックライト、ハードディスクの回転低下、スリープ/スリープ解除、一部の充電機能、トラックパッド制御、およびコンピュータのスリープに関連した一部の入出力をコントロールします。

Apple Portables:SMC (System Management Controller) のリセット

なんだそうです。

アップデートの内容


英語ですが、アップデートの説明がありました。

MacBook Air SMC Firmware Update 1.2

  • パワー、熱管理、Sleep LED、およびバッテリー。
  • ファン制御、ALS、およびパワー切り替え。

とありますので、やはりMacBookAirの熱問題でしょうか。

これで先日お伝えした「新MacBookAir(Mid2009)は旧MacBookAir(Late2008)よりも遅い?の詳細」も解決してくれるといいのですが…

RECENT ENTRYS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。