上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wwdc2009.jpg 500ճ75 30D430AF30BB30EB

AppleはWWDC2009にて、前モデルの価格を10万円近く下回る新型MacBook Air MC234J/A (Mid2009)を発表。
MacBookAirの購入を決意しました。
当時、初代MacBook Black CoreDuo2.0(MA472J/A)からの乗り換えのとしてMacBookAir SSDタイプ(MB940J/A)を考えていたのですが、ちょうどタイミングがWWDC2009の直前。

せっかくなのでWWDC2009で新MacBookAirが発表されたらそれも含めて検討しようと情報を集めてみたところ、MacBookAirコミュニティの方々が次期MacBookAirに望まれていたことは、おおよそ以下のようなポイントでした。

  • メモリ4GB
  • ユニボディMacBookと同じガラスマルチタッチトラックパッド
  • ディスプレイの品質向上
  • アルミMacBookと同じ黒枠ディスプレイ
  • バッテリー起動時間の向上

特にメモリ4GBはマザーボードに直付でメモリ増設ができないMacBookAirにとってはかなり切実…

なぜなら、同じWWDC2009で発表予定の次期MacOSX 10.6 SnowLeopardはMacOS初のフル68ビット。
アプリケーションで使えるメモリの3Gという制限がなくなります。
このタイミングで購入するなら「メモリ4Gは絶対」とかなり多くのユーザーが希望していたと思います。

私の場合もやはり希望は「メモリ4GB」。
そして「ガラスマルチタッチトラックパッド」。

シルエットやコンセプトに惹かれて検討を始めたMacBookAirでしたので、黒枠もバッテリーも問題なし。
ディスプレイは評判のよい初代MacBookAir(MB003J/A)は使ったことがありませんでしたので、今使用している初代MacBook Black CoreDuo2.0よりよければいいなぁと思っていた程度です。

ですが、やはり30万円近くするPCを買ってメモリ不足で泣くのは残念すぎます。
かといって、なぜかユニボディMacBookには食指がのびずじまい。

そんな中、ついにWWDC2009が開催されました。

WWDC2009の日本語通訳付き動画を見つけました。


WWDC 2009 Keynote in Japanese

こちらのサイト上部、Ch.1 QuickTime をクリックで再生されます。

WWDC2009関連のページ



新型MacBookAir発表!


wwdc-2009-keynote-1239-rm-eng.jpg 600ճ98 30D430AF30BB30EB

CPUがクロックアップです!
地味なアップデートですが、MacBookAirの薄さを考えるとクロック2GHz越えはうれしい!

当初、色々な所で希望も入り交じった形で予想されていた「メモリ4GB」は残念ながら見送り。

ところがその他に、大きなサプライズ!

なんと前モデルから10万円のプライスオフ!


歴代MacBookAirの比較表

堅実なアップデートのインパクトを上回る値下げでした。

もう、これは買っちゃおう!

ガラスマルチタッチトラックパッドは、軽量化を目指すMacBookAirは今後も採用しづらいのではないかと思いますし、CPUのクロックアップで現在使用しているMacBook Black CoreDuo2.0(MA472J/A)から全ての面でスペックアップとなった事が背中を押してくれました。

RECENT ENTRYS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。